口臭の意識調査

今の現代、食生活も昔と比べて大きく変化しています。そんな中で、誰もが気にする口臭問題についてお話ししたいと思います。口臭についてアンケート調査をすると、多くの女性と男性が気にしているという結果になりました。女性でいうと6割、男性でいうと4割という結果です。あなたは他の人に話をいつも聞いてもらえますか?もし話を聞いてくれていないのなら、それはあなたがする話がつまらないわけではなく、もしかしたらあなたの口臭が強いからかもしれません。もしかしたら、対人関係の問題は口臭が原因かもしれませんね。また厚生労働省のウェブサイトによると、「社会的容認限度を超える強さの口臭を持つ成人」は平均で15%も存在するのです。したがって、20人がいたら、3人の口臭は社会的に容認できない強さ、または臭さなんです。しかしデリケートな問題なので、あまり簡単に人に口臭のことを指摘しにくいものです。まず、口臭の強い人が近くにいたら、「指摘したいけど嫌われるかも」、「相手に恥をかかせることになるかも」などと思うかもしれません。それにより簡単に指摘できませんね?口臭を指摘するということは、相手の自尊心を傷つけてしまう可能性が多いのです。しかもたちの悪いことに、人は自分の口臭ほど気づきにくい生き物なのです。つまり、相手にはっきりと口臭のことを伝えないと、誰も自分の口臭に気がつかないのです。なので万が一、自分の口臭が原因で人に避けられていても自分ではわからないのです。

今回は現役のナースが教えている口臭によるトラブルをなくすための、ノウハウを取り上げることにしました。息が臭いと、恋愛も、友好関係も、商談も失敗しやすくなるんです。では、なぜ人は自分の口が臭いことに気づかないんでしょうか?実はそれには理由があります。自分の口臭に気がつかないのは、自分の口臭のあまりの臭さに嗅覚が麻痺してしまい、口臭に鈍感になっているからなのです。これを嗅覚疲労と言います。嗅覚疲労になると、誰かにはっきりと言われるまで自分の口が臭いことに気づきません。自分の口臭の強さはマスクをつければわかります。マスクを鼻まで覆ってつけると、吐く息はダイレクトにはなに入ることになり、自分の口臭を嗅ぐことができます。マスクをつけた時に、このマスク臭いと感じたことはありませんか?マスクをつけて臭いと感じるのならば、マスクが臭いのではなく、自分の息が臭いということです。

それで初めて自分の口臭の強さを知るのです。もしそう思って落ち込見そうになったら、その臭いが唾液のような臭いか確認してください。マスクの臭いが唾液のような臭いなら、唾液が気化した可能性があるからです。マスクを通して呼吸すると、唾液も付着します。そして唾液が乾くと唾液特殊の臭いを放ちます。マスクの臭いが唾液の臭いで済めばまだ良いです。それ程度は安心できます。しかし、唾液の臭い自体が臭い場合は危険信号!なぜなら唾液が臭い場合、舌の上の「舌苔」に口臭の原因になる多くの物質が付着しているからなのです。口臭の原因になる物質は舌の上で多く作られます。舌の上には揮発性硫黄化合物という物質があり、唾液と混ざり合うことで口臭の原因になります。口内にある、嫌気性菌という種類の細菌が、アミノ酸を分解して、この揮発性硫黄化合物を作り上げるのです。

解決方法として、舌を綺麗にすれば口臭は治ると思いますよね?よく舌ブラシも市販されているし、それを使えば舌苔を掃除すれば改善できると思いますよね?でも舌苔を舌ブラシなどでゴシゴシこすって取りすぎると、反対に返って細菌が繁殖しやすくなるのです。舌苔は誰もが持っています。口臭がひどくない限り、舌苔があっても基本的に問題はありません。

まとめ

口臭の原因には様々な要因があります。舌苔が口臭の原因と書きましたが、口臭が起こる原因には他にもあります。下記に箇条書きでお教えします。

1. 口の中の汚れによる口臭

2. ドライマウス

3. 体調不良の免疫低下による口臭

口の乾燥により、起こる口臭は日常的に発生しやすいものです。ストレスが溜まったり、緊張したりすると唾液が減ります。唾液には口の中を洗浄したり殺菌したりする働きがあります。よって、唾液が減ると口の中の細菌が口の中の細菌が増えるのです。その結果、口臭が発生します。改善方法としては水分を多めにとるようにしてください。しかも量だけではなく、こまめにとるようにすることをお勧めいたします。

朝起きて口の中がもごもごしたり、臭いのは乾燥による最近の増殖が主な理由です。また、タバコを吸う人も口の中が乾燥しがちです。ヤニだけでなく、口内も乾燥するため、注意しましょう。よくお話をする人や、また、コーヒーやお茶、ジュースをよく飲む人にもありがちな傾向です。お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているため、唾液の分泌を返って抑えてしまう場合があるのです。また、糖分を多く含んだジュースなども要注意です。やはりベストな対策としてはお水をこまめに飲むことです。ハミガミも朝と夜の2回だけではなく、お昼にもすると効果的ですよ。