無添加化粧品について

Additive-free-formulation-stays-top-of-National-Starch-agenda_medium_vga肌トラブルに悩む女性が増えるにつれて、新たに注目されるようになったのが無添加化粧品だ。
しかし成分を吟味していくと、必ずしも安全というわけではない。肌にとって危険な合成成分に極僅かに植物エキスを混ぜただけというものが多数存在するのである。無添加化粧品というと合成成分が全く入っていないかのような印象を受けるが、決してそうではなく、厳密にいうと旧厚生省が指定したアレルギーの危険性がある化粧成分を抜いたものを指す。それらの成分は102種にまで及び、その中には防腐剤パラベンなどが含まれていた現状があるのだ。無添加だからと手放しで選択するのではなく、成分をしっかり理解した上でそれに対する情報を分析し、自分にあった化粧品を選ぶことが大切である。