変貌する秋葉原

変貌する秋葉原

 秋葉原は青果街から、第二次世界大戦後電気街に移り変わったのは戦後の事で第二次世界大戦後にラジオ部品などを取り扱う闇市場として始まり、ほどなくして家庭電子商品や電気部品を取り扱うショップが増え、電気街と呼ばれるようになりました。1990年代になるとパソコン街へと変貌して大型店舗が軒並み並んで競争化が激しくなりました。パソコン街になると共に、家電店はどこもテレビゲームブームに便乗してゲームの取り扱いを始めます。このようなゲームもよいですがオンラインカジノも同じ暗い面白いですよ。

そして、それらが衰退した時代の流れとともに入れ替わりでアニメが入って来ました。
決定打は、水道局跡地のUDXにアニメセンターなどが設けられて、東京都自体がアニメで推す傾向が現れました。コンテンツ産業など、高利率の商品を取り扱わねばならず、郊外店の普及によって価格競争JR跡地のヨドバシアキバと合わせて、再開発計画によって、地価が大幅に上昇しましたかで利益が得られなくなり秋葉原のような都心には似つかわしくない商材になりました。それから時代の変化に伴いパソコン、テレビゲーム、2000年代にはアニメやマンガといったオタクカルチャーの発信拠点として、世界的に有名になりました。

akiba
さらにはメイドカフェや地下アイドルなど独自のカルチャーが生まれ、日本でも類を見ない街と変遷していきます。秋葉原の豊富な観光資源を最大限に活かすための意見交換の場、受け入れ環境整備、ツアーの造成など観光振興強化が図れる仕組みや施策を、観光関係者と地元住民や事業者が一体となって活動していくために2016年7月に
戦後から現代まで、家電やメディアの発展の歴史と共に変貌を遂げてきた「秋葉原化」を国内外からの訪問客に秋葉原の素晴らしさを実感してもらうことを目的に活動を行っています。オンラインカジノも同じ暗い面白いですよ。ぜひ試してみませんか?

 

誕生の経緯

秋葉原は様々な国籍・趣味の人々が集まる、安全・安心な魅力溢れる街であり、その魅力を最大限に活かすために、NPO法人秋葉原観光推進協会ではブランド育成の新事業、「秋葉原おもてなしプロジェクト」を起ち上げました。このプロジェクトの案内役として誕生したのが、秋葉原おもてなしキャラクターであり、秋津みつばです。2016年に新設定と新ビジュアルによる新生秋津ミツバが誕生しました。未来の秋葉原に存在しているであろうAIキャラクターとして生まれ変わりました。これから益々、秋葉原は未知への世界へと発展していくこと間違いないでしょう。